【火野正平・出演TVドラマリスト】おまけ資料

 

女捜査官

〜捜査・いちらん〜

●あらすじ●

凶悪犯罪に立ち向かう、女性捜査官の活躍を描く、島田一男原作の刑事ドラマ

警視庁の少年係の婦警・勝子は、フリーピストルの五輪代表候補で
教官の政子の指導で訓練を受けていたが、
ある日突然、警視庁捜査一課特捜班勤務を命じられる。
犯罪に立ち向かう新米女刑事の姿を描く。

泊警部補は、左手が義手でどこか影のある異色のキャラクタ
5年前に恋人を救おうとして撃たれたのが原因なのだが
その女性が勝子にうりふたつという設定も面白い

「ロマン・アクション・シリーズ」というだけあり
刺激的でキャッチィなサブタイトルは笑える。
トルコ嬢・婦警…など、最近では使われない表現も
時代を反映している。(再放送はできるのか?)

好評につき、翌年「新・女捜査官」も制作された

−1982年3月5日〜1982年5月28日・テレビ朝日系・全13話・金曜 21:00〜21:54−

 

●キャスト●

泊 警部補

塩路 勝子

政子
丸山 警部
玉野井 淳
??

…西郷輝彦

…樋口可南子

…樹木希林
…高松英郎
…火野正平
…三島ゆりこ

 

 

●エピソード●

第1話 「新米デカ長は
処女の香り」

警視庁の少年係を担当する、婦警の塩路勝子は、フリーピストルのオリンピック候補選手として
教官の政子の指導で訓練に打ち込んでいた。
ある日2人は、丸山警部と、泊警部補に呼び出され、警視庁捜査一課・特捜班勤務を命じられる。
驚く間もなく、何者かが交番を襲い、奪った拳銃で女性を射殺する事件が発生。
2人も早速、捜査員の一員として現場へ向かうが、死体を見たとたんに気分が悪くなってしまう;

新米刑事の2人が、文句をいいながら聞き込みをしたり、実践では射撃も的ハズレだったり、
肩寄せ合って落ち込んだりと、ひたむきに頑張る姿が、ユーモラスで好感がもてる*

【今日の玉野井】 玉野井淳はスナック「孑孑(ボウフラ)」のマスターで、情報屋の様なこともしている。
樹木希林との、掛け合いは楽しみ♪

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
監督:村山新治/脚本:安部徹郎/ゲスト:守田比呂也・角野卓三

第2話 「産婦人科からの
SOS信号」

宝石店が襲われ、ダイヤが盗まれた!警視庁捜査一課は直ちに捜査を開始する。
カゼをこじらせた勝子が診察を受けにいった診療所に、逃走中の強盗犯人が立てこもる。
勝子は脱出を試みるのだが…

【今日の玉野井】 店に、ゴキブリの太郎君が登場〜「太郎は不滅だ!」と叫ぶー
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
監督:/脚本:/ゲスト:

第3話
「ハイミス浮気の担保」

勝子は、OL由美子を襲った犯人を威嚇しようと発砲するが、その弾が命中し犯人は即死した。
犯人は暴力団の千原だったが、彼の拳銃がモデルガンだったことで、マスコミに非難される。
泊らは、犯人が別にいると睨み、千原の身辺と、現場から消えた封筒の行方を追う。
聞き込みの結果、容疑者が浮かび上がるのだが…

【今日の玉野井】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
監督:/脚本:/ゲスト:松村克巳・明日香和泉

第4話 「手錠の脱走・
女子銀行員」

【今日の玉野井】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
監督:杉村のぼる/脚本:大室清/ゲスト:木村理恵

第5話 「ピング最前線で
連続殺人 」

ヌードモデルのマリアが殺害された。その後、同じ手口で女子大生が殺された。
現場の遺留品から、泊らは、予備校生の良の犯行と断定。良は、次に勝子の命を狙う。
彼が狙うのは、同じ絵柄のスカーフを持つ女だった。

【今日の玉野井】 淳は、マリアと交際していたため、犯人と疑われ、勝子らに尋問されるが
どうやら犯人ではなかったようだーほっ;

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
監督:土井剛/脚本:ちゃき克彰/ゲスト:山中康仁・水月円・弓恵子

第6話
「赤い暴走族 血の復讐」

4人組のビル荒らしが、逃げる途中怪我をした仲間の次郎を口封じに射殺。
次郎の身辺を探った勝子は、女暴走族のリリーが事件に関係しているとみて行方を追う。
被害に遭った旅行代理店の店員ゆかりが、内部から手引きした疑いが発生、政子が取り調べる

【今日の玉野井】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
監督:藩匠義彰/脚本:鴨井達比呂/ゲスト:大川かつ子・中島葵・棟理佳・堀尾伸介

第7話 「殺しの現場に
コロンの香り」

【今日の玉野井】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
監督:永野靖忠/脚本:高橋稔/ゲスト:田島令子

第8話 「非行少年の
初恋は婦人警官」

【今日の玉野井】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
監督:村山新治/脚本:中村勝之/ゲスト:

第9話 「愛欲の教授夫人
と涙の老スリ」

医学生・川南が何者かに刺し殺された。泊は、勝子に元スリの松五郎を見張らせる。
しかし、松五郎は事件とのかかわりを強く否定する。
泊は、松五郎が庭の手入れをしている医大教授宅の夫人・みどりの浮気が関係があると推理する

【今日の玉野井】 川南の死体を発見してしまった淳の証言で、松五郎が浮上する
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
監督:村山新治/脚本:田上雄/ゲスト:風間舞子・大木隆介・神田隆

第10話
「教会に来たトルコ嬢」

若い妊婦が殺された。勝子は、通報してきたトルコ嬢・奈美代から事情を聞こうとするが
奈美代は急に、通報した憶えはないと言いだす。

【今日の玉野井】 淳の視力は(1.2/1.8)!父は東大・母はお茶の水というがアヤシイ…;
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
監督:藩匠義彰/脚本:ちゃき克彰/ゲスト:藤堂新二・武見潤・伊佐山ひろ子

第11話
「女盛りの赤い欲望」

【今日の玉野井】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
監督:土田茂/脚本:中村勝之/ゲスト:大木康子

第12話 「燃える人妻・
コールガールの復讐」

商社マンの坪内が転落死した。その後を追うように、彼の上司の大沢と飯野が相次いで殺された。
現場に残された指紋から、同一人物の犯行と判明。泊らは、事件にコールガールが関係している
ことをつかむ。坪内の妻で、元コールガールの葉子の指紋が一致し、葉子の行方を追うが…

【今日の玉野井】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
監督:村山新治/脚本:中村勝之/ゲスト:藤木敬士・北村総一朗・渚まゆみ

第13話
「処女刑事のライバルは
女子刑務所の女」

【今日の玉野井】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
監督:永野靖忠/脚本:高橋稔/ゲスト:


*独自に調査して、まとめましたが、間違いがあるかもしれません*
*不明箇所をご存知の方はご一報下さい*

 

<<HOME

mail

update:2001.12.13