〜火野正平・出演映画リスト〜






1970年代1980年代1990年代2000年代2010年代2020年代


Fukushima 50  フクシマ フィフティ 役名:大森久夫 松竹 KADOKAWA 2020.3.6
内容:2011年3月11日に発生した東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故で、
未曾有の事態を防ごうと現場に留まり奮闘し続けた人々の知られざる姿を描いたヒューマンドラマ。
監督:若松節朗/脚本:前川洋一/製作:二宮直彦/製作総指揮:井上伸一郎
原作:門田隆将著「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」
出演:(敬称略)
【福島第一原発】
佐藤浩市…伊崎利夫(福島第一原発 1・2号機当直長 モデル:伊沢郁夫・曳田史郎)
渡辺謙…吉田昌郎(福島第一原発 所長 ※実名で登場)

吉岡秀隆…前田拓実(5/6号機 当直長)
緒形直人…野尻庄一(発電班長)
平田満…平山茂(第2班当直長 モデル:平野勝昭)
萩原聖人…井川和夫(第2班当直副長)
安田成美…浅野真理(緊急対策室職員 モデル:佐藤眞理)

堀部圭亮…加納勝次(第1班当直副長)
小倉久寛…矢野浩太(第3班当直長)
和田正人…本田彬(第1班当直主任)
石井正則…工藤康明(管理部当直長)
三浦誠己…内藤慎二(5/6号機当直副長)
田口トモロヲ…福原和彦(ユニット所長 副本部長)

堀井新太…西川正輝(第1班補機操作員)・ 金井勇太…宮本浩二(第1班補機操作員)・
増田修一朗…小宮弘之(第1班補機操作員)・ 須田邦裕…山岸純(第1班当直主任)・
邱太郎…小川昌弘(第1班主機操作員)・ 池田努…松田宗介(第1班主機操作員)

皆川猿時…樋口伸行(保全部部長 復旧班長)
前川泰之…辺見秀雄(陸上自衛隊 陸曹長)
小野了…佐々木明(防災安全部部長)
金山一彦…五十嵐則一(復旧班電源チーム)
天野義久…望月学(復旧班注水チーム)

【政府関連】
佐野史郎…内閣総理大臣(モデル:菅直人)
ダニエル・カール…ジョニー(在日米軍 将校)
金田明夫…内閣官房長官(モデル:枝野幸男)
小市慢太郎…原子力安全委員会委員長(モデル:班目春樹)
伊藤正之…首相補佐官
阿南健治…経済産業大臣(モデル:海江田万里)
矢島健一…原子力安全・保安院 院長(モデル:寺坂信昭)
【東都電力本社】
篠井英介…小野寺秀樹(東都電力 常務)
段田安則…竹丸吾郎(東都電力フェロー=研究員 モデル:武黒一郎)

【家族・その他】
吉岡里帆…伊崎遥香(伊崎の一人娘)・富田靖子…伊崎智子(伊崎の妻)・斎藤工…滝沢大(遥香の恋人)
津嘉山正種…伊崎敬造(伊崎利夫の父)・中村ゆり…前田かな(前田拓実の妻)・泉谷しげる…松永(富岡町の避難住民)
ダンカン…福島民友新聞の記者
KAORUメモ: 大森久夫は、福島第一原発 管理グループ 当直長。
年長者ということもあり、率先して原子炉建屋作業に向かったり、中操の現場で指揮を執る伊崎を支え続ける。
ほどんどの役が、実在の人物をモデルにしているが、大森に関しては不明。
「その人に恥をかかせたり、そんなの違うって言われないようにということは気を付けた」とのこと。
出演に関しては、「空海−KU-KAI− (2017)」の頃に、打診があった。
「佐藤浩市くんと仲がいいから、近くに置いてくれたと思う。
年長の風格とまでは言わなくても、支える感じを出すことができたら」と語っている。

パンフレットの表紙に、浩市さんの背後に、1人だけチラっと写っているのは、大森さん。
公開時、コロナ禍により映画館が休業となり、4/17〜5/14 期間限定で有料ストリーミング配信された(1,900円)
第44回日本アカデミー賞で、作品賞・監督賞など、12部門で優秀賞を受賞

以下の試写会に、佐藤浩市・火野正平登壇:
2月10日(月)  大阪・なんばバークスシネマ
2月11日(火・祝) 名古屋観光ホテルでインタビュー後、ミッドランドスクエアシネマで舞台挨拶

罪の声
役名:河村和信 東宝・TBS・WOWOW 2020.10.30
内容: 1984〜85年に起きた、複数の食品会社を標的とし、全国を震撼させた凶悪事件の数々。
これらをモデルに、元新聞記者の塩田が執筆して絶賛を浴びた同名小説を映画化した話題の社会派ミステリー。
1984年のグリコ・森永事件を「ギン萬事件」に置き換え、長年苦悩した関係者たちの心情を描く

新聞記者・阿久津は、35年前の未解決事件「ギン萬事件」を追う特別企画班に選ばれた。
京都で紳士服店を営む曽根は、父の遺品からカセットテープとノートを見つける。
ノートには「ギンガ」「萬堂」などの文字が書かれており、テープには子供の声が録音されていた。
それはすでに時効をむかえた、大手製菓メーカーの脅迫事件に使用された音声であり、
それが自分の声だと確信した俊也は、父親をよく知る河村和信を訪ねる。
監督:土井裕泰/脚本:野木亜紀子/原作:塩田武士「罪の声」講談社/P:那須田淳・渡辺信也・進藤淳一
出演:小栗旬…阿久津英士(大日新聞の記者)・星野源…曽根俊也(テーラー曽根の二代目店主)・
松重豊…水島洋介(大日新聞の元記者)・古舘寛治…鳥居雅夫(大日新聞大阪のデスク)・宇野祥平…生島聡一郎・
篠原ゆき子・原菜乃華・阿部亮平・水澤紳吾・山口祥行・堀内正美・木場勝己・橋本じゅん・
桜木健一・浅茅陽子・高田聖子・佐藤蛾次郎・佐川満男・宮下順子・塩見三省・
正司照枝・沼田爆・岡本麗・若葉竜也・須藤理彩・川口覚・阿部純子・
尾上寛之…曽根光雄・市川実日子…曽根亜美・宇崎竜童…曽根達雄・梶芽衣子…曽根真由美 ほか
音楽:佐藤直紀/主題歌:Uru「振り子」
KAORUメモ: 川村和信は、スーツの仕立て職人。俊也の父光雄の元同僚で、当時の事をよく知る人物。
原作では、父の幼馴染で元警官の「堀田信二」が俊也に協力するが、映画版では川村をはじめ複数の人物を訪ねる

「罪の声」で、第30回日本映画批評家大賞授賞式でゴールデン・グローリー賞(水野晴郎賞)を受賞。
表彰式(2021.5.31)には、こころ旅中に、長崎県対馬で撮影したVTRで登場した。

織田同志会 織田征仁 第四章 −OVA−
役名:三島剛三  アドバンス 2020.12.25
内容:織田征仁の幼馴染で元富士見会の柳慎吾が出所。三島会長の勉強会で再会するが様子がおかしい。
征仁は、杉田と矢島に調べさせる。柳は拳銃ブローカーとの交渉中に、富士見会に襲われるが、 松浦らに助けられる。
織田は柳を事務所連れて行き、事情を聞きくが一切話そうとしないー
監督:藤原健一/脚本:神木雄司
出演:
【同志会】
的場浩司…織田同志会 会長
萩野崇…小野田勝利(長髪グラサン)
青木玄徳…杉田晋作(親父が相模会、イケメン)
品川拓哉…高畑リュウ(スキンヘッド)
舘昌美…松浦(眼帯)
脇知弘…矢島
佐田正樹(バッドボーイズ)…柳慎吾(元富士見会の若頭補佐/征仁の幼馴染/四章から )
※伊崎右典…大木幸次(二章三章のみ?)
※かつて、征仁の不在時には、会長:小野田/副会長:杉田 のことがあった。

【他のキャスト】 〜確認中〜
川本淳市…()
宮川浩明…()
宮本大誠…()
彩川ひなの…木下茉莉(キャバクラ・クイーンズのホステス)
佐藤藍子…高木香澄(バーの店長
山本圭壱…(三島会?)
上西雄大…
大鶴義丹…桜井栄一(横浜港署の刑事)

【四章】

ガンビーノ小林・下元史朗

主題歌:坂本つとむ「夜の果てに吹く風よ」 作詞:森浩美/作曲:坂本つとむ
KAORUメモ:三島会会長 三島剛三 は、征仁が尊敬する人物。
シリーズ「第四章/第五章/第六章」に出演

【織田同志会 織田征仁】シリーズとは
任侠スター揃出演の超大作「CONFLICT〜最大の抗争〜」で人気となった、織田征仁の新シリーズ。
日本最大のやくざ組織「天道会」を中心に、裏社会で生きる男たちの生き様を描く。
織田征仁は、「天道会」若頭補佐・織田慶次(宅麻伸)の弟。
横浜で「織田同志会」という組織を結成し、地元の縄張りを堅く守っていく。

 ・「CONFLICT〜最大の抗争〜」(2016.5〜2021.8現在 8章まで)
 ・「CONFLICT〜最大の抗争〜 外伝 織田征仁」(2019 全2章:的場浩司 俳優生活30周年記念作品)
 ・「織田同志会 織田征仁」(2020.4〜2021.8現在六6章まで) ※八章まで撮影済み(2021.6)

織田同志会 織田征仁 第五章 −OVA−
役名:三島剛三  アドバンス 2021.2.25
内容:織田征仁がオーナーをしているバーの店長・香澄がストーカー被害にあい、部屋から盗聴器やカメラが見つかる。
リュウが、キャバクラで男に襲われ負傷する。ホステスの茉莉がとっさに撮影した写真を基に、同志会は犯人を探す−
監督:藤原健一/脚本:神木雄司
出演:(第四章を参照)

【五章】

水沢有美…陳光子(不動産屋/2-3、5-6に出演)
松田優 …(1-3、5-6に出演)
堀田眞三…虎松一家総長 田川長次郎
高士幸也… 田川興治(田川総長の息子)
水元秀二郎
KAORUメモ:三島会会長 三島剛三 は、征仁が尊敬する人物。

織田同志会 織田征仁 第六章 −OVA−
役名:三島剛三  アドバンス 2021.4.25
内容:虎松一家総長・田川長次郎の息子、が織田征仁に重傷を負わされ、抗争へと発展する。
柳は織田が興治を殺さなかった事に疑問を持ち、虎松一家との過去の関係を問いただす。
そんな中、虎松一家が織田同志会に奇襲をかける。 メンバーが戦争の準備を始めるが、征仁はそれを制止し、
以前、興治に襲われた香澄の護衛を命令する。
監督:藤原健一/脚本:神木雄司
出演:
KAORUメモ:三島会会長 三島剛三 は、征仁が尊敬する人物。
五章六章は、セットでみるのがおすすめ。






update:2021.8.23